リンコ's ジャーナル

病院薬剤師をしています。日々の臨床疑問について調べたことをこちらで綴っていきます。

12/15(土) 居酒屋抄読会in難波 ツイキャス配信のご案内【EPA関連】

12/15の19:00頃から居酒屋抄読会を開催し、リアルタイムでツイキャス配信致します。(注:いつもより早い時間です!)

大阪の難波の居酒屋よりこちら【zuratomo@AHEADMAP 柴 (@zuratomo4) 's Live - TwitCasting)】のツイキャスから配信予定です。

 

今回は、先日発表されたEPAに関する報告の【REDUCE-IT】を読んでいきたいと思います。

Cardiovascular Risk Reduction with Icosapent Ethyl for Hypertriglyceridemia.

(高TG血症におけるIcosapent Ethylによる心血管リスク減少)

N Engl J Med. 2018 Nov 10.

PMID: 30415628

※アブストラクトのみしか読めませんが、この論文の題名をそのまま検索していただくとPDFが落ちていますので、よろしければそちらをご用意ください。

 

おそらくこれだけではすぐに終わりそうなので、他にもEPA関連の論文を読んでいこうと思っております。

候補を挙げておきます。

Effects of eicosapentaenoic acid on major coronary events in hypercholesterolaemic patients (JELIS): a randomised open-label, blinded endpoint analysis.

Lancet. 2007 Mar 31;369(9567):1090-8.

PMID: 17398308

Omega-3 fatty acids for the primary and secondary prevention of cardiovascular disease.

Cochrane Database Syst Rev. 2018 Nov 30;11:CD003177.

PMID: 30521670 

Marine n-3 Fatty Acids and Prevention of Cardiovascular Disease and Cancer.

N Engl J Med. 2018 Nov 10.

PMID: 30415637 

Effects of n-3 Fatty Acid Supplements in Diabetes Mellitus.

N Engl J Med. 2018 Oct 18;379(16):1540-1550.

PMID: 30146932 

Serial circulating omega 3 polyunsaturated fatty acids and healthy ageing among older adults in the Cardiovascular Health Study: prospective cohort study.

BMJ. 2018 Oct 17;363:k4067.

PMID: 30333104 

 

今年はたくさんEPA関連の論文が発表されたようですね~

 

いつもと同じく、居酒屋でお酒を飲みながらゆるーくやっていきます。よろしければご参加ください!

ソーシャルキャピタルと健康もろもろー4(笑うことは健康につながりますか?)

        f:id:gacharinco:20181212221442p:plain

今回は、「笑い」と健康に関する論文の紹介を2つ紹介します。

 

Laughter and Subjective Health Among Community-Dwelling Older People in Japan: Cross-Sectional Analysis of the Japan Gerontological Evaluation Study Cohort Data.

(日本の高齢地域住民間での笑いと主観的健康感:日本の老年性評価研究(JAGES)コホートデータ横断的解析)

J Nerv Ment Dis. 2015 Dec;203(12):934-942.

PMID:26649930

 

【PECO】

P: JAGESに参加した65歳以上の26,368人(男性;12,174人、女性;14,194人)

E:「週に1~3回笑う」(男性:37.6%、女性:37.2%)、「月に1~5回笑う」(14.7%、9.0%)、「全くまたはほとんど笑わない」(10.0%、5.2%)

C:「ほとんど毎日笑う」(37.7%、48.6%)

O:「乏しい主観的健康感」の有病率

※主観的健康の評価:「非常に良い」「良い」「悪い」「非常に悪い」から自己にて選択→「悪い」「非常に悪い」を「乏しい主観的健康感」と評価(男性:19.0%、女性:15.6%)

 

デザイン:横断研究

共変数:年齢、性別、婚姻状態、教育、職業、世帯所得、うつ症状、社会参加、笑いの機会

Limitation:横断研究のため因果関係が不明。うつなどを共変量としたが、逆の原因になっているかもしれない。アンケートが自己による回答であること。笑いの種類が考慮されていない。笑いが病気の発症を抑制できるかどうかは不明。

 

【結果】

主要アウトカム(「乏しい主観的健康感」の有病率のそれぞれの項目におけるRefとの比率)とその他のアウトカム

f:id:gacharinco:20181212200142p:plain

※笑いの機会:友人との会話の機会、パートナーとの会話の機会、子供・孫との会話の機会、テレビやビデオの視聴、ラジオの視聴、 落語や演劇の視聴、漫画や雑誌の読書、その他

※対人相互作用の笑いの機会:友人、パートナー、子供・孫との会話の機会

 

【考察】

すごく評価が難しいのですが…Limitationに書かれていることがすごく気になるところです。

ただ、とても興味深い結果となっております。笑いの頻度が少ないほど主観的健康感が乏しくなる傾向がみられました。またそれは、笑いの機会にも繋がっているような結果となっております。さらに、社会参加の回数と主観的健康感が関連していることも示唆されております。年収とはあまり関連がなかったのは意外でした。年収が多くても、主観的健康感が高いというわけではないんですね。。。

あと気になったのはベースラインです。男性の方が「乏しい主観的健康感」が多く、笑いの頻度は低かったようです。この辺りは介護関連の取り組みに何か活かしていけないかと考えております。

それと今回の評価方法としては、「笑いの機会が少ないほど主観的健康感が乏しい」という評価でしたが、どうして「笑いの機会が多いほど主観的健康感が豊か」としなかったのかがすごく不思議です。前者の方がインパクトがありますかね??

 

ちなみに、プレスリリースはこんな感じでした。

「笑わない人では健康感が悪い人が 1.5 倍以上多い」

f:id:gacharinco:20181211234650p:plainf:id:gacharinco:20181211234735p:plain

 

2つ目を。

Laughter is the Best Medicine? A Cross-Sectional Study of Cardiovascular Disease Among Older Japanese Adults.

(笑いは癒しになるか? 日本の高齢者の循環器疾患に関する横断研究)

 2016 Oct 5;26(10):546-552.

PMID: 26972732

日本語アブストラクト→

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5037252/bin/je-26-546-s006.pdf

【PECO】

P:日本老年学的評価研究(JAGES)の2013年度の調査の対象者のうち65才以上の20,934人(男性10,206人、女性10,728)

E:「週に1~5回笑う」(男性:37.7%、女性:37.2%)、「月に1~3回笑う」(14.8%、9.0%)、「全くorほとんど笑わない」(10.0%、5.3%)

C:「ほとんど毎日笑う」(37.5%、48.5%)

O:心疾患および脳卒中有病

 

デザイン:横断研究

調節された因子:高血圧、脂質異常症、うつ、年齢、性別、BMI、飲酒習慣、喫煙習慣、社会活動、社会参加

Limitation: 横断研究のため、逆因果関係の可能性が排除できない。笑いは身体的、精神的に肯定的であり、健康行動に意欲的かもしれない。自己申告された情報であること。笑いの種類が考慮されていない。

 

【結果】

主要アウトカム(笑う頻度による心疾患および脳卒中有病率の比率)とその他のアウトカム

f:id:gacharinco:20181212202927p:plain

 

【考察】

 笑う頻度が少ないほど心疾患および脳卒中有病率が高く、それは女性でより顕著であったという結果となりました。男女差がみられるのはおもしろいなと思いましたね。ベースラインからは女性の方が男性よりも笑う頻度が高いことがうかがえますし、そういったあたりも影響しているのかもしれません。リスク因子として高血圧に有意差がつかず、脂質異常症のみに有意差がついたのも少し不思議な感じがします。自己申告ということが関連しているのでしょうか?その他、limitationに書いてあることも確かに気になります。

本文中には、笑いがストレスを低減させること、笑いが血管内皮機能を改善し、血管拡張のダウンレギュレーションに関与する神経内分泌ホルモンを減弱させることが報告されているとの記載もあります。そんなところにも影響するかもしれないんですね。。。

 

【全体を通して】

笑うことができるということは、それなりに身体的・精神的・社会的に恵まれている環境にあるのかなと思いますし、どこかに問題があることで笑うことができないという状況が生まれるのかなと思います。生きていたら笑えない境遇になることも度々あると思います。簡単なことではないとは思いますが、何とかそれを乗り越えて、みんなで笑いながら生活ができればいいなと思いました。

また薬剤師としては、降圧剤やスタチンによる治療も大切ですが、もしかしたらそれ以上にこうやって笑える環境が重要かもしれないことを心に留めておかなければならないと思いました。

 

最後に…

「一人一人の人生、笑っていきましょう!」

それでは聴いてください、HOTSQUALLで『Laugh at life』

www.youtube.com

 

R-1ヨーグルトは風邪の罹患を減らしますか?

 

    f:id:gacharinco:20181210204002p:plain

CMではよく見るけど実際どんなことに効果が期待できるのだろうと思い調べてみました。意外と論文がたくさんあってビックリしました。

pubmedでの検索結果↓(「Lactobacillus delbrueckii ssp. bulgaricus OLL1073R-1」というのが正式名称かと思います。「OLL1073R-1」で検索しました。 )

 

その中から一つ紹介します。

Reducing the risk of infection in the elderly by dietary intake of yoghurt fermented with Lactobacillus delbrueckii ssp. bulgaricus OLL1073R-1.

(Lactobacillus delbrueckii ssp. bulgaricus OLL1073R-1で発酵されたヨーグルトの高齢者の食事摂取は感染症のリスクを減らす)

Br J Nutr. 2010 Oct;104(7):998-1006.

PMID: 20487575

 

【PECO】

P: 舟形studyの参加者57人(平均年齢74.5歳)、有田studyの参加者85人 (平均年齢67.7歳)

E:12週間のヨーグルト90g/日摂取(舟形:29人、有田:43人)

C:12週間の牛乳100ml/日摂取(舟形:28人、有田:42人)

O:風邪(インフルエンザを含む)の罹患率

 

デザイン:RCTのメタ解析。blindはできてなさそう。

解析方法:どちらもper protocolっぽい。

風邪の判定方法: 「All subjects were instructed to track any symptoms they had on a ‘cold symptoms checklist’ if they noted symptoms of the common cold. 」(すべての被験者は、風邪の症状に気付いた場合、「風邪症状のチェックリスト」にある症状(咳、くしゃみ、鼻づまり、鼻水、喉の痛み、喉の赤み、喉の腫れ、頭痛、体温、うずくような痛み、痛みを伴う関節痛、疲労、食欲の減少)を記載するよう指示された。)→このリストを使ってチェックしたと思われる。

アドヒアランス:いずれの群も80%以上で、有意差はなかった。

舟形study:ランダム化された60人のうち3人が試験期間中に脱落。期間は8週間。

有田study:ランダム化された95人のうち8人が初日に脱落、2人が試験中に脱落。期間は12週間。

 

【結果】風邪(インフルエンザを含む)の罹患率

f:id:gacharinco:20181210224214p:plain

 

※この他に「ナチュラルキラー細胞活性」や「QOLスコア」に関する検討も行われていたが、意味があるのか分からないですし、数値をどう取り扱っていいのか分からなかったのでパスします。

 

ちなみに、R-1のホームページ(乳酸菌1073R-1株の効果 | 明治ヨーグルトライブラリー)では以下のように紹介されています。

f:id:gacharinco:20181210225016p:plain

 

【考察】

色々と気になる部分が…

・牛乳100ml vs ヨーグルト90gは妥当なのか??どうせなら、R-1入りのヨーグルト vs R-1なしのヨーグルトで勝負してほしかった!

・この2つの試験を合算してメタ解析することは妥当なのか??試験期間が異なる&風邪の罹患率が大きく異なる!

・少なくとも被験者はブラインドができていない状態でのチェックリストへの記載による風邪の評価なので、割り引いて考える必要があるような…

 

なんだかんだ書きましたが、結果としてはR-1群で大きく風邪の罹患率が低下しています。それぞれの試験で有意差がつかなかったのはn数の不足による検出力不足が大きな原因かと思います。

1個150円ほどしますのでお金はかかりますが、風邪にかかる確率が半分くらい減るかもしれませんので風邪にかかりやすく悩んでいらっしゃる方で、お金に余裕があれば試してみてもいいのかな、と思います。

※これは論文を読んだ私の解釈ですので、効果を保証するものではありません。R-1はトクホ等の登録がなく、実質は”ただのヨーグルト”ですので、、、