リンコ's ジャーナル

病院薬剤師をしています。日々の臨床疑問について調べたことをこちらで綴っていきます。

R-1ヨーグルトは風邪の罹患を減らしますか?

 

    f:id:gacharinco:20181210204002p:plain

CMではよく見るけど実際どんなことに効果が期待できるのだろうと思い調べてみました。意外と論文がたくさんあってビックリしました。

pubmedでの検索結果↓(「Lactobacillus delbrueckii ssp. bulgaricus OLL1073R-1」というのが正式名称かと思います。「OLL1073R-1」で検索しました。 )

 

その中から一つ紹介します。

Reducing the risk of infection in the elderly by dietary intake of yoghurt fermented with Lactobacillus delbrueckii ssp. bulgaricus OLL1073R-1.

(Lactobacillus delbrueckii ssp. bulgaricus OLL1073R-1で発酵されたヨーグルトの高齢者の食事摂取は感染症のリスクを減らす)

Br J Nutr. 2010 Oct;104(7):998-1006.

PMID: 20487575

 

【PECO】

P: 舟形studyの参加者57人(平均年齢74.5歳)、有田studyの参加者85人 (平均年齢67.7歳)

E:12週間のヨーグルト90g/日摂取(舟形:29人、有田:43人)

C:12週間の牛乳100ml/日摂取(舟形:28人、有田:42人)

O:風邪(インフルエンザを含む)の罹患率

 

デザイン:RCTのメタ解析。blindはできてなさそう。

解析方法:どちらもper protocolっぽい。

風邪の判定方法: 「All subjects were instructed to track any symptoms they had on a ‘cold symptoms checklist’ if they noted symptoms of the common cold. 」(すべての被験者は、風邪の症状に気付いた場合、「風邪症状のチェックリスト」にある症状(咳、くしゃみ、鼻づまり、鼻水、喉の痛み、喉の赤み、喉の腫れ、頭痛、体温、うずくような痛み、痛みを伴う関節痛、疲労、食欲の減少)を記載するよう指示された。)→このリストを使ってチェックしたと思われる。

アドヒアランス:いずれの群も80%以上で、有意差はなかった。

舟形study:ランダム化された60人のうち3人が試験期間中に脱落。期間は8週間。

有田study:ランダム化された95人のうち8人が初日に脱落、2人が試験中に脱落。期間は12週間。

 

【結果】風邪(インフルエンザを含む)の罹患率

f:id:gacharinco:20181210224214p:plain

 

※この他に「ナチュラルキラー細胞活性」や「QOLスコア」に関する検討も行われていたが、意味があるのか分からないですし、数値をどう取り扱っていいのか分からなかったのでパスします。

 

ちなみに、R-1のホームページ(乳酸菌1073R-1株の効果 | 明治ヨーグルトライブラリー)では以下のように紹介されています。

f:id:gacharinco:20181210225016p:plain

 

【考察】

色々と気になる部分が…

・牛乳100ml vs ヨーグルト90gは妥当なのか??どうせなら、R-1入りのヨーグルト vs R-1なしのヨーグルトで勝負してほしかった!

・この2つの試験を合算してメタ解析することは妥当なのか??試験期間が異なる&風邪の罹患率が大きく異なる!

・少なくとも被験者はブラインドができていない状態でのチェックリストへの記載による風邪の評価なので、割り引いて考える必要があるような…

 

なんだかんだ書きましたが、結果としてはR-1群で大きく風邪の罹患率が低下しています。それぞれの試験で有意差がつかなかったのはn数の不足による検出力不足が大きな原因かと思います。

1個150円ほどしますのでお金はかかりますが、風邪にかかる確率が半分くらい減るかもしれませんので風邪にかかりやすく悩んでいらっしゃる方で、お金に余裕があれば試してみてもいいのかな、と思います。

※これは論文を読んだ私の解釈ですので、効果を保証するものではありません。R-1はトクホ等の登録がなく、実質は”ただのヨーグルト”ですので、、、

尿路結石の排石を促進させる薬剤もろもろ-3(ネタver. ビッグサンダーマウンテンとアレの効果は?)

今回は薬剤ではなく”ネタ”を2つ紹介していきます。”ネタ”ですが、患者側としてはとても興味深い論文です。

 

まず1つ目は、「ビッグサンダーマウンテンに乗ることで腎結石の排石が促進されるか?」という研究を。2018年のイグノーベル賞を取ったことでも有名なようです。どうもこの研究はとある患者さんからの報告を皮切りに、患者さんからの報告が相次いだために行われた研究のようです。

方法は、透明なシリコンを使って腎臓のモデルを作り、その上部・中部・下部にそれぞれ結石を入れ、ジェットコースターに乗った、というものです。しかも20回行い、座り位置の前方と後方での差も評価しております。結果は果たして…

では、論文をみていきます。

Validation of a Functional Pyelocalyceal Renal Model for the Evaluation of Renal Calculi Passage While Riding a Roller Coaster.

(うまく訳せません!!)

J Am Osteopath Assoc. 2016 Oct 1;116(10):647-52.

PMID: 27669068

 

【PECO】

P:患者の腎代替モデル(に尿と上部、中部、下部に一つずつの結石を入れた)

E:フロリダ州オーランドのウォルト・ディズニー・ワールドのビッグサンダー・マウンテン・レールロード・コースターに乗る(3個×20回→計60個)

O:腎結石は排石されるか?

 

【結果】

前方

4.5㎣

13.5㎣

64.6㎣

上部

0/1

0/1

2/7

2/9

中部

0/4

1/2

-

1/6

下部

1/3

0/5

0/1

1/9

1/8

1/8

2/8

4/24

 

後方

4.5㎣

13.5㎣

64.6㎣

上部

4/4

4/4

4/4

12/12

中部

3/3

1/4

1/2

5/9

下部

1/5

2/4

3/6

6/15

8/12

7/12

8/12

23/36

 

【考察】

ユニークですが、患者側からすると素晴らしい研究だと思います!ぜひ人で実証をしてほしい!いくらでも協力します!!

次に結石が出たらジェットコースターに乗りたい!でも、田舎なので近くに遊園地がないという…3時間かけて行きますかね。

 

 

2つ目。こちらは、週に3回以上の性交が尿路結石の排石に効果的かどうかを調査したものです。さてさて…

Sexual intercourse as a new option in the medical expulsive therapy of distal ureteral stones in males: a prospective, randomized, controlled study.

Int Urol Nephrol. 2017 Nov;49(11):1941-1946.

PMID: 28803386

 

【PECO】

P:遠位尿管結石の計190人の男性

E/C:タムスロシン0.4mg/日(グループ1)(n=60)、少なくとも週に3回の性交(グループ2)(n=66)、標準的な医学療法のみ(グループ3;コントロール群)(n=64)

O:自然排石率、鎮痛剤使用回数

 

デザイン:RCT

それぞれのグループでの平均年齢、結石の大きさ

・グループ1:年齢 34.4±13.5歳、結石の大きさ 7.09±1.4mm

・グループ2:年齢 38.6±14.1歳、結石の大きさ 7.01±1.4mm

・グループ3:年齢 36.92±12.4歳、結石の大きさ 7.1±1.3mm

 

【結果】

〇自然通過率

グループ1:81.6%、グループ2:81.8%、グループ3:51.5%

※グループ3と比較し、グループ1 (p = 0.0394),2(p = 0.0350)で有意に高かった。グループ1,2で有意差はなかった(p = 0.9925)。

〇鎮痛剤の必要性

グループ1:1.3±0.4回、グループ2:1.2±0.6回、グループ3:1.4±0.4回

※グループ2がグループ3と比較して有意に少なかった(p = 0.0276)。

 

【考察】

なかなか興味深い結果に。鎮痛剤の必要性はほぼ変わりないので、差はないようなものかもしれませんが。ただこれは相手があってのことですので、、、まあ相手がいなければタムスロシンを服用すればいいだけかもしれませんが。

 

【まとめ】

”ネタ”といいながら患者側としてはどちらもかなり有用な論文な気がします。患者としては少しでも早く治したいので、全部試したく…

尿路結石の排石を促進させる薬剤もろもろ-2(Ca拮抗薬)

今回は尿路結石におけるCa拮抗薬の効果ということで、ニフェジピンとタムスロシンの尿路結石排石への効果に関するメタ解析を見ていきます。

今回紹介する論文の「Introduction」に記載がありましたが、この2剤が選択されているのは、「α受容体遮断薬とCaチャネル拮抗薬が尿管における平滑筋弛緩の薬理学的効果を有している」からだそうで、「欧州泌尿器学会ガイドラインで推奨されている」そうです。

それではみていきます。

Comparative efficacy of tamsulosin versus nifedipine for distal ureteral calculi: a meta-analysis.

(遠位尿管結石におけるタムスロシン対ニフェジピンの有効性の比較:メタ解析)

Drug Des Devel Ther. 2016 Mar 29;10:1257-65.

PMID: 27099471

 

【PECO】

P: 遠位尿路結石患者4,961人

E:ニフェジピン群(2,472人)

C:タムスロシン群(2,489人)

O:排石率、排石時間、安全性

 

デザイン:12RCTのメタ解析

サブ解析:軽度および中等度から重度の合併症

 

評価者バイアス:2人の著者が独立して抽出している

出版バイアス:言語制限なし。Funnel Plotあり、良好。

元論文バイアス:RCTのメタ解析。ITT解析されているかどうかは不明。

異質性バイアス:異質性はアウトカムによってややばらつきあり。ブロボグラムの傾向はまずまず揃っている。

 

※多くの試験が4週間、タムスロシン0.4mg、ニフェジピン30mg or 30mg、結石の大きさの平均は5ミリ後半から7ミリ前半となっている。

Limitation:盲検化が難しかった(片方が降圧剤のため?)。試験間で薬剤の投与量が異なる。石の大きさが小さすぎる(5mm未満)ものを含んでいた。肯定的な結果が多く出版バイアスの可能性。

 

【結果】(E群 vs C群)

・排石率:92.9% vs 71.4%;リスク比 1.29(95%CI:1.25-1.33);11試験;n=4,198;I²=29%

・排石時間:標準平均差 -0.39(95%CI:(-0.72)-(-0.05));6試験;n=574;I²=74%

・合併症:リスク比 0.45(95%CI:0.28-0.72);7試験;n=1,405;I²=0%

※合併症は、サブ解析にて軽症および中等症から重症に分けられているが、n数が少ないため紹介は控えます。また、有害事象は全体としてn数が少ないため紹介は控えます。

 

【考察】

試験デザインとしてはさほど問題はないのかなと思うのですが、1つ気になるのが12のRCTのうち1つの試験のn数がすごく大きく全体に占めている割合が高いので、その結果に引っ張られている可能性があることです。(それも中国の試験なので…)

ただ全体としてのブロボグラムの傾向は一致しているので、さほど気にしなくてもいいのかもしれません。

結果としては、排石率、排石時間、合併症とも有意にタムスロシンに有利な結果となっておりました。排石時間の標準平均差は(-0.39)ということで、それほど大きな差ではないのかもしれません。

ただまあこれを見る限りは、タムスロシンを使えない理由がない限りはタムスロシンを使った方がいいのかな、と思います。その前に、使うのか使わないのかということを考えないといけないとは思いますが。でも、患者になったことのある私にとっては、できれば使いたく…

タムスロシンとプラセボの有効率の差については前回まとめていますのでこちらをご覧ください。